車のオイル漏れでCVTの交換が50万円!相談したら3万円に!

節約・時短・体験

車検の時に、

「これは修理しないとだめですね、
数10万単位で費用がかかりますし、
これから修理箇所がでてくるかもしれません。
この際新車に乗り換えませんか?今なら安くできますよ。」

なんて、ディラーの担当者に言われたことありませんか?
でも、今使ってる車は愛着あるし、お金もかかるので、できれば乗り換えたくはないですよね?。

今回の記事をお薦めする方

・基本、車のディーラーのいう通りに車の修理、点検等はまかせっきりな人

・ディーラーから、CVT*等の修理を指摘された人。

・出来るだけ安く修理費用をすませたい人
(50万円払いたくない人、私は結果3万円の出費で済みました。 ( ..)φメモメモ  )

*CVTとは、トランスミッション(変速機)の一種で、エンジンの力をタイヤに伝える部品の事です。

CVTのオイル漏れを点検時に指摘されました。

私の乗っている車はコンパクトカーで、ほとんど故障もなく11年乗り続けております(#^.^#)。

これだけ乗っていると、
旅行にいったり、
妻の出産で救急車の後をついていったり、
いろいろな思いでがこの車と一緒にあるので大切にしています。

整備はメーカのメンテナンパックに入って、点検時にオイル交換やバッテリーの交換をしています。

今回は、大事な車がCVTのオイル漏れを起こしてしまい、
9年目の車検前の見積もり時に発見され、
車検が通らないから修理か乗り換えをすすめられた、その時の話になります。

ディーラーの提案

ディーラー<br>担当者さん
ディーラー
担当者さん

車を見させてもらったんですが、CVTからオイル漏れが見られました。

CVTの分解修理は日産ではやっていません。
パーツの交換(今回はCVT丸々の交換)となってしまうため修理費用が高額になるので、乗り換えも考えた方がいいと思います。
今ならセレナとか安くできますよ?」

 

kachan
kachan

え、そうなんですか、、、ちなみに修理したらいくらかかりますか?

kachanの心の声(愛着もあるし、まだ9年目だからできれば乗っていたいなー)

と修理の見積もりを頼んで、営業の方に頂いたホットコーヒーを飲んで待っていました。
kachanさん、見積もりできました。

CVTの交換費用が48万円

中古の組み立て品を使えば36万円

になります、、、、、、、、、


あーどうしよう、、、と思いながら、いつの間にか、妻と営業の方と一緒に試乗車のセレナに乗せられていました、、(笑)。

新車の見積もりをもらって、帰って考えました。
長年お付き合いのあったディーラさんで、毎年車検もお願いしていましたが、他の専門家の意見も聞いてみたかったので、ネットで検索して近くの、口コミの良い中古車販売店兼修理工場に相談してみました。

修理工場の提案

CVTの分解修理

kachan
kachan

すみません、、

電話で話した通りCVTから液漏れがあるそうで、、、
修理にも50万くらいかかるらしくて,

どうにかなりませんか?

修理工場の<br>担当者さん
修理工場の
担当者さん

一度車を見させてさせてもらわないと、何とも言えませんが、
CVTのオイル漏れは、だいたいパッキンが劣化しておきるんです。
分解修理は部品(パッキン)が手にはいればできますよ。
金額も3万円くらいで済むと思います。
見積もりしますね。

なんですと!

ディラーの価格の10分の1じゃないですか!

修理工場の担当者さん、

ありがとう!!

あなたのおかげで、愛車のティーダともう少し一緒にいられそうだよ。

CVTオイル漏れの程度

修理工場に相談しにいったタイミングは、ディーラでみてもらってから1週間程度たっていましたが、オイルは全く漏れていませんでした。
半年前のディラーの点検時にはオイル漏れは見られなかったので、半年かけて少しづつ漏れていたと思われます。

担当者さん曰く、今すぐ車が走らなくなるレベルで漏れてはいません。

よかった、本当によかった(^^)/。そして、ディーラーの言うとおりにしなくて良かった。

CVTの修理方針

このまま乗っていてもすぐに車がダメになることはありませんが、
車検に通すために、一応修理はしておきましょうということになりました。

修理工場の担当者さんが言うには、

オイル漏れの箇所が見当たらないのでまず一番怪しい
CVTのパッキン(CVTオイルが漏れないように金属と金属の間に挟まっている樹脂)
を交換して様子をみましょう。

車検は、下回りを洗浄してきれいにすれば通ると思いますよ

それでも、半年後に点検して、漏れが止まらないようであれば、
ワコーズの漏れ止め剤を使って様子を見ましょうと方針を立ててくれました。

結果車検を修理工場で

よし、修理工場で分解修理してもらって車検にだすしかない!

ディーラーだと、車検通すのに50万+車検代はだせないよ、、、

ちなみに、日産では分解修理をしていないので費用がかさんでいますが、日産以外のディラーでは、分解修理を実施しているところもあるそうです。

こうして3万円を支払って修理してもらい、無事に、車検が終わりました(^O^)

車の調子も、全く問題ありません。

点検でのオイル漏れの経過

車検が通ってから半年が過ぎました。

半年点検では、うっすらとオイルの漏れた跡がありました。
どうやら、パッキンの劣化ではなく、他の箇所からのオイル漏れだったようです。

そこで、ワコーズ漏れ止め材を添加してまた半年状況を見てみましょうという話になりました。

そして漏れ止め剤を加えてから半年後の点検では、漏れは止まっていました!

最初から漏れ止め剤を使っていれば4000円くらいの出費ですんだのかな?とも思いましたが、

とにかく、ディーラのいうことを真に受けて、50万円も払って交換しなくてよかった。

他の専門家の意見を聞いてみるって大事だなーとしみじみ感じた出来事でした。

まとめ

今回の記事で伝えたいこと

・車の修理などの自分の知識が足りない事は、何種類かの立場の異なる(今回はディーラーと修理工場)専門家にみてもらうと、より良い提案(高額な支払いを避け、継続して車にのれる)をしてもらえることがある。

・ディーラーの営業は新車を売るのが仕事、相手の立場を考えて、目的におうじて相談する人を選択しないと、自分の思うとおりの結果(今回は、修理で車検を通したい事)は得られなかった。

kachan
kachan

自分に知識が足りない分野の事については、色々な人に聞いてみたら、大きな出費を避けられた体験でした。

みなさんも、無駄な出費には気をつけなはれや(>_<)

注意点

あくまで、自分の場合のCVTのオイル漏れは薬剤の添加で済む程度でしたが、その判断は専門家にしてもらっています。

勝手な判断は危険なので修理工場やディーラーなどの専門家にみてもらってから、どうするかは判断を推奨します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました